子育てセミナー >

29年-30年 子育てセミナー ★子育てについて一緒にお話ししましょう★



【平成29年-30年度 子育てセミナー 子ども倫理塾 スケジュール】

  • 第2回12/17(日)ママ、片づけしよう
     場所:烏山区民センター
     時間:13時30分〜15時

  ■連絡先:080-6813-4325(山崎)


28年-29年 子育てセミナー ★子育てについて一緒にお話ししましょう★



【平成28年-29年度 子育てセミナー 子ども倫理塾 スケジュール】

  • 第1回10/16(日)子どもの能力を引き出す親のひとこと
     場所:北沢タウンホール 時間:10時〜11時30分

  • 第2回12/18(日)ママ片付けしよう 子どもが輝く片づけの魔法
     場所:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす4階研修室
     時間:13時30分〜15時

  • 第3回 2/19(日)伸びる子を育てる6つの習慣
     場所:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす4階研修室
     時間:13時30分〜15時

  • 第4回 4/16(日)仲良し夫婦が子どもを伸ばす
     場所:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす4階研修室
     時間:13時30分〜15時

  • 第5回 6/18(日)子どもの健康と親の生
     場所:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす4階研修室
     時間:13時30分〜15時

  • 第6回 7/16(日)心配しない子育て
     場所:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす4階研修室
     時間:13時30分〜15時

【お問い合わせ】

  • お問い合わせは、こちらからご連絡ください。

【子育てセミナーの内容ご紹介】

  各セミナーのポイントをご紹介します
    ◆第1回 子どもの能力を引き出す親の一言◆
     言葉には、私たちが想像している以上に大きな力(エネルギー)があります。
     日々、自分がどのような言葉を使っているかは、とても重要です。
     特に、母親の言葉が子どもに与える影響はとても大きいものです。
     そこで、「言葉を整える」にはどうしたら良いかをお話ししました。

     「言葉のくせ」は「心のくせ」⇒「言葉が整う」と「心が整う」
     自分自身のくせを直していこうと強く決心し実践してみましょう!

    ◆第2回 ママ片付けしよう 子どもが輝く片づけの魔法◆
     家が物であふれると空気も淀んできて、
     その家に住む人の健康や経済や人間関係にも悪影響を及ぼすことがあります。
     それは、人は思っている以上に、空間や空気を敏感に読み取る能力を持ち、
     また、物と人、空間と人とは密接につながっているからです。
     片づけをして、家の空気が澄んでくると、
     体は元気に、経済は豊かに、夫婦や親子関係は良くなり、
     家庭が明るくなっていくということは、よくあります。

     もちろん、それだけではありませんが、
     「片づけ」が、幸せな人生を歩んでいく上で、大きな力になることは間違いありません。

     「過去の執着」を捨て「未来の不安」を取り除き、
     今を大切にし、今を生きることにつながります。

    ◆第3回 伸びる子を育てる6つの習慣◆
     子どもを伸ばしていくには、知識やスキルを教える前に、
     まず、人としての土台をつくってあげることが大切です。
     土台がしっかりすると生命力が強くなり、気力も湧き、
     個性と能力を発揮して、どんどん伸びていきます。
     日々、どのように生活し、どのような習慣をつけていけばよいか、一緒に学びました。

     子どもに大切な3つの習慣は、
      ?早寝・早起き  ?食事(朝ごはん)  ?挨拶  です。

     子どもに良い影響を与える親の6つの習慣は、
      ?気づいたらすぐする  ?喜んでする  ?後始末
      ?「ハイ」という返事  ?相手の良いところを見つける  ?笑顔  です。

     お母さんと子どもは、お腹の中にいる時から目に見えない強い絆で結ばれています。
     お母さんの言動や心の持ち方が子どもに与える影響は想像以上に大きいので、
     日常の生活の中で気をつけながら、家族仲良く、明るく楽しく過ごしていくよう心がけましょう。

    ◆第4回 仲良し夫婦が子どもを伸ばす◆
     全ては夫婦から始まります
     (1) 夫婦は人間関係の原点です。
     (2) 夫婦は木の幹にあたります。
     (3) 夫婦は互いに磨きあうパートナー(一対の反射鏡)です。
        相手を変えるのではなく自分が変わる。

     夫婦は、いつも向かい合った一組の鏡です。
     自分を磨き、明るく実践していく時、相手は必ず自然に改まり
     夫婦仲良く、幸福な家庭が築かれていきます。
     まずは、どれかひとつから、心をこめて始めてみましょう。

    ◆第5回 子どもの健康と親の生活◆
     明るく健やかに育てたい・・、これは親の願いです。
     しかし、盲目的な愛情や過剰な行為が、子ども本来の姿を奪ってしまい、
     それによって子どもが健康を害し、病気に進んでしまうこともあります。
     子どもの健康と親の生活がどのように関わりを持っているかを学びました。

     (1) 親子はひとつながり
       子どもには、胎児の時からお母さんに共感する能力が備わっていて、
       お母さんの考えていること、感じていることをみんな分かっています。
       そして、その波動は、生まれた後も続き、つながっています。

     (2) 子どもは親の生活を演じる小さな名優
       子どもは、親の心・行いを映して教えてくれる立体鏡です。
       親の不自然な心や夫婦の不仲や争い、親との葛藤があると、
       いちはやくこれを映し出して教えてくれます。

     (3) 子どもを健康に導く親の実践
       ?規則正しい生活
       ?食生活に気をつけて、食事時間を大切に
       ?清掃を心がけ、家の空気をきれいに
       ?明るく朗らかな心で
       ?夫婦仲良く
       ?親・祖先を大切に

     熱も咳も湿疹も、肉体が元の正常な状態に戻ろうと、自然治癒力を働かせている証です。
     子どもの病気は、親夫婦に何かを教えてくれ、より良い家庭を作るチャンスと受け止め、
     明るく前向きに生活していきましょう。


    ◆第6回 心配しない子育て◆
     「心を配ることはよいことですが、まだ何も起こっていないことを憂えたり
     恐れたり、取り越し苦労したり、心配ばかりしていると、
     その親の心はマイナスの波動となって子供に伝わります。
     心配のしすぎは子供をしばり、本来持っている個性や能力を発揮できなくさせてしまいます。

     子は「授かりもの」「預かりもの」であって、本来は子供の成長を助け、
     持ち前の能力や才能を伸ばしていくのをサポートするのが親の務めです。

     子供に対しては、「待つ」「認める」「信じる」を実践しましょう。
       待つ・・せき立てない、手間を惜しまず急がない
       認める・・子供の良いところを見つけてほめる、他の子と比べない
       信じる・・親の思いどおりにしようと思わない、子供の話に耳を傾け聞いてあげる

     「温かいまな"ざし」「抱きしめる」「明るく接する」「大丈夫と励ます」
      などを心がけ、子育てしましょう。

     お母さん自身の日頃の生活態度として
     「気づいたことをすぐする」「明るい心で過ごす」「夫婦仲良くする」
      を実践しましょう。

    29年度の子育てセミナーは全て終了いたしました。
    9月からH30年度の子育てセミナーが始まります。